top of page

インテリジェンスマネージメント

Masato (2).jpg

今日の企業経営において、事業活動の中心は、
社会課題の解決に変わっていきます。

社会や環境の課題を解決することこそ、事業活動の中心であるー。

 

比較的多くの企業が、そのような発信をするようになってきました。

しかし、それを訴えている組織が必ずしも、課題そのものやその周辺状況をしっかりと把握できているとは言い難いのが現状です。

あらゆる環境課題や社会課題は複雑に絡み合っており、部分の解決が他の問題を引き起こすこともしばしばです。また、課題の多くが国境線に無関係な人類全体に関係するものであることから、他国で作られたルールや遠く離れた地での産業動向・新技術が、取り組むべき課題に大きく影響してくることもあります。

​課題そのものとその周辺を、よりメタな視点で把握し、そのダイナミズムを知ることで採用するべきでない技術や素材、組むべきでないビジネスパートナー、リソースを配分すべき分野が掴めるのです。

セミナーなどで効率的に情報を掴んで事業に活かそうとされている方も多いでしょう。しかし、そのやり方ではいまひとつ不足を覚えるのはなぜでしょうか。

 

情報が多すぎる。早すぎる。複雑すぎる。

 

ビジネスを行う上で、ほとんどの方が共通している悩みです。レポートを読んでも、セミナーを受けても、あっという間に古くなり、そして部分しかわからない。A氏の説とB氏の説が違う・・・。

私たちに不足しているのは情報よりもむしろ、「情報を読み解く力(インテリジェンス)」なのです。

​今、必要なのは、事業に責任を持つ人がインテリジェンスを身に着ける事です。

 

情報を消費する側から脱しましょう。知恵を外注していては衰退していきます。

インテリジェンスマネージメント概念図

オシンテックではインテリジェンスマネージメント(インテリジェンス経営)を推進しています。簡単にいうと、「環境や社会の国際ルールの先行き」に着目したタイムマシン経営です。

ルールとは法規のことのみを指示しているのではなく、幅広く標準や社会規範まで含んだ語です。SDGsや脱炭素といった言葉がビジネスで日常的に使われるようになったことを思えば、その先取りが経営上に重要であることは容易に想像できるでしょう。

いまや、国境を越える課題が非常に多く、こうした規範が金融の仕組みに乗ったり、各国の法令に反映されたりしています。

その時間差を活用し、戦略を立案するのがインテリジェンス経営です。日本の優れた技術を有する企業の多くがインテリジェンス経営をすることによって、グローバルイシューへの効果的な解決へと繋がっていきます。

 

オシンテックは、そんな未来に貢献したいと考えています。

​インテリジェンスマネージメントを身に着ける

RuleWatcherを駆使して、インテリジェンスマネージメントを実現する方法を

​探究インテリジェンスセンターのプログラムで修得することが出来ます。

bottom of page